新・農業ビジョン

「新・農業ビジョン」がめざすこと
「新・農業ビジョン」がめざすこと

Ⅰ.農産物ブランド化とマーケティング戦略

<1>農業振興と新ブランディング戦略

 基本となる主要品目を選び、近年の動向を分析し、活性・伸張させる具体的方法を提案します。

<2>販路拡大とマーケティング戦略

ページの先頭へ戻る

Ⅱ.農業経営支援・ネットワーク戦略

ページの先頭へ戻る

Ⅲ.営農事業戦略 経営資源の効率的再配置

ページの先頭へ戻る

4つの営農エリア

ページの先頭へ戻る

農業収入1,500万円をめざした営農モデル

ページの先頭へ戻る
 

用語解説

ビジョン
将来のあるべき姿を描いたもの。
ブランディング戦略
「邑楽館林といえば…」と農産物名がすぐに消費者にイメージされるような農産物・農業産地づくり。
ミニシリーズ
生産時の軽量省力化や販売時の商品棚への置きやすさ、少量での購買を求める消費者へのニーズに対応した野菜群。
こどもシリーズ
野菜があまり好きでない、苦手な子供向けの野菜群。苦みが少なく、臭みが少ない甘みが高いものもある。
パッケージセンター
生産者の労力軽減や販売先の要望に応じた野菜の高付加価値型の加工施設。
パートナー店
産地の実情にあった店舗販売を工夫・努力してくれるスーパーマーケットなどの店舗。
マーケティング戦略
広く安定して拡大できる販売活動の展開。データをもとにその変化・動向を研究・調査し市場や消費者のニーズに積極的に対応していく具体的方策。
ネットワーク戦略
スマートフォンやインターネットなどのIT機器を活用した情報のネットワークによる事業展開のこと。
情報ネットワーク
市況の情報や自然災害警報などを迅速に発信し、また共有することで、農業経営・JA事業への活用、リスク軽減を図る。
IT
Information Technology の略。コンピュータ(情報)インターネット(通信)に関する多様な技術の総称。
コンサルティング機能
事業経営における課題を解決し、支援する機能全般。
ページの先頭へ戻る
ページの先頭へ戻る
  • 新・店舗づくり
  • 新・農業ビジョン
  • CM職場紹介
詳しくはこちら
おうらたてばやし最新号
詳しくはこちら
  • 葬祭事業のご案内
  • JA邑楽館林 不動産センター
  • JAカードのご案内
  • 組合員になりませんか?
  • 鍋っ娘
  • 農薬使用に関するリンク集
  • 放射性物質による農産物の安全性について